忍者ブログ

ソニックを中心に小説を書いています。R18も掲載するので、注意を。※当サイトはリンクフリーです。何かあった場合は sonadow2010@yahoo.co.jp まで。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャソニシャ小説(BAD)
はい、今回シャソニシャ小説3部作のBADを書こうと思います!
でも書けるかな・・・BADENDなんて書いたことないからな;
でも頑張らないと、みんなのために!

※珍しく、今回は流血表現、死ネタを含みます。
苦手な人はGOODENDの更新を待っててください。

3月15日 第二次更新
3月20日 完結

※拍手ありがとうございます!
いっぱい拍手嬉しいなあ・・・v

Cさん
お話楽しみにしていてくれてありがとうございます!
うちとしては珍しいんですけどね・・・シリアスとかw
でも、こんな恋愛とかもいいかなーとか思ったりしながら書いてますよ!

美月さん
ありがとうございます!
楽しみにしていてくださいね^^*

萌えきつねさん
シルバーとメフィかあ・・・うちもあの2人大好きなんですよ!
今回の話にも盛りいれようかな・・・?

おもちさん
シャソニいいですよね・・・!
ソニックのBLに目覚めたのもシャソニがきっかけなのでw
ぜひ一緒に語りたいものです!

あと、リンク大量に貼ったぜヒャッハー!(ほぼ無断、というか全部かな?
てめえとなんか繋ぎたくねえ、という人はご連絡ください、すぐはがしますので;

『・・・そんなはずがないだろう、ソニックの勝手な妄想だ。』

病んでいく、落ちていく。

それは赤い色の羽を生やして、飛んでいく。

赤に赤は似合わなさすぎるんだ。

『その時が来るまで 第三話BAD またいつか』

「っ、・・・」
涙を流しながら走る、ただひたすらに走った。
目は真っ赤に腫れ上がり、充血して。
それでも、泣き止むことはなかった。
「チクショウ・・・」
悔やみの言葉しか出ない、情けない自分を思いつめてみる。
いっその事、一瞬でも振り向いてもらえるならと暗い思考が過ぎるが
果たして、自分に出来るのだろうかと悩んだ。
「・・・出来るわけねぇよな・・・オレなんかに・・・」

苦しくて、苦しくて。
狂ってしまいそうで。

一瞬、頭の中で何かが切れたような音がしたー・・・。

何かではない、これは理性の糸。
止めたい、でも止まらない。
殺してしまいたい衝動に刈り取られる。
「うわああああああああー・・・!!」
叫んだ、思いっきり。
愛する人を殺したい、そうすれば自分のものになるから。
他の誰のものでもない、オレだけのシャドウー・・・。

そして時は止まるんだ、永遠にー。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「・・・シャドウ・・・」
「・・・何だ、心配したぞ・・・」
わなわな震える声を押し殺して電話する。
これからする事など、伝えずに。
「会いたいんだ・・・」
「・・・君から離れたのに、か」
「・・・だって、・・・とにかく今からそっち行く・・・」

異変に気づければ、もっと気遣っていれば。
こうなることはなかったのかもしれないのに。

「シャドウー・・・I love you」

そう残して、部屋を出た。
離れたと言っても、ソニックの足にかかればすぐだったから。
思いっきり、走った。
その走りを、もっと愛情に注げれば。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

無機質な音が、シャドウの部屋に鳴り響く。
「・・・入れ」
カメラ越しにソニックに伝え、招き入れた。
カツ、カツ・・・と靴の音がする。
「ん・・・シャドウ・・・」
「どうしたんだ・・・君らしくない・・・」
この思いが伝わらない。
寂しいって、追い詰められているって。
好きすぎて、どうしようもない。

「お!ソニックじゃんー!」
「・・・!」
今、1番聞きたくない声。
オレから全てを奪った声。

「あああああー・・・!!」

泣き叫んだ、思いっきり。

そして・・・。

「え・・・」
「・・・ソニック・・・!?」
「・・・soory,silver・・・」

思いっきり、貫いていた。
白い皮毛に、鮮血が飛び散り暗いコントラストを醸し出す。
「何やっているんだ、君は・・・!」
放心状態になっているソニックを引き剥がして、シルバーを抱き寄せた。
「シャドウ・・・好き・・・好き・・・」
ソニックの口から出る、虚し過ぎる音色。
げふっ、と血を吐きマットレスを濁紅色に染めていく。
「シルバー!シルバー・・・!」
「オレ・・・っ、ごほっ・・・」
目が虚ろになり、黄金色の目は生気をなくしていって。

そのまま手を、だらんとした。
徐々に冷たくなっていく、体温。

悲痛だと、思った。
正気か、と思った。

愛情とは、歪みあればどこまでも逝けるんだと悟った。

「・・・シャドウ、これで・・・シャドウは・・・」
「やめろ・・・君はっ・・・」

どこまでも蒼い空、蒼い君が。
鮮血を浴びて、赤黒くなっている。
まるで、昔のコロニー時代を見ているみたいで吐き気がした。
「ははっ、ははは・・・はっ、あ・・・」
顔は笑っているのに、ソニックは明らかに泣いていた。
こんな事をしても、手に入るわけがないのに。
「シャド・・・シャド、オレ・・・げふっ・・・」
「・・・」
何もいわず、シャドウはソニックを打ち抜いた。
悲しみを背負った、無機質すぎる鉄の塊で。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


「シャドウー!」
「・・・どうしたんだ、シルバー・・・」
振り向いた瞬間、泣きついてきたシルバーが
子供っぽすぎてつい鼻で笑ってしまった。
「怖い夢、見たんだ・・・」
「怖い・・・?」
「オレ、ソニックに殺されて、シャドウがソニックを殺して・・・
シャドウが、ずっと泣いてる夢・・・」
腕の中でわなわなと震えるシルバーの頭をなでてやる。
安心したのか、そのまま腕の中で眠ってしまった。

「それが・・・夢ならいいのだがな・・・」

輪廻が壊されたとき、自分を取り巻く世界は崩壊する。
しかしその輪を壊さない限り、同じことを繰り返す。

またくるのだ、あの時間が。
いつもの笑顔で、また。

「シャドウー!」

一緒に走ろうぜ、というお決まりの言葉を引っさげて。
またこの時間が来る事を。

end.


☆あとがき

ん~・・・夢落ちくさいなあ。
輪廻転生、っていう言葉をモチーフに作成してみました。
今回、書いてるときがちょっとテンション下がってるときに書いたので
文章がいつものオレと違うと思います。

この時間を取り戻したい、って誰にでもある感情だと思うんですが
この時間だけは戻りたくない、って感情も誰にでもありますよね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!
次はgood end 書きますよ!



拍手[19回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
TRACKBACK

トラックバックURL

Copyright ©  -- 蒼黒白! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ