忍者ブログ

ソニックを中心に小説を書いています。R18も掲載するので、注意を。※当サイトはリンクフリーです。何かあった場合は sonadow2010@yahoo.co.jp まで。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャソニコラボ小説!
やっとこさ完成しました・・・!
忙しい中一生懸命描いてくれましたよ!

実はラフ画見せてもらったんですがもう勝ち組やふーでしたw

それではどうぞ!

シャソニコラボ小説 feat しょっぱー様

オレはある時、夢を見た。
青空の下、誰かと走る夢。
影が濃すぎて見えなかったけど、あいつはー。


58c1e42c.JPG








『The Smile of You』

「っは・・・ゆ、夢か・・・」
目を見開いても、漆黒の世界が広がる。
ぼやけた頭で時計の光をつけると眩しくて反射で目を閉じた。
「・・・11時、か・・・変な時間に起きちまったぜ・・・」
それもこれも、あの夢のせいだった。

誰の手か分からない。
握ったことがないあの暖かさ。
最後に見えたあの笑顔は、一体誰のものか分からない。

「っ・・・何か飲み物・・・」
おぼつかない足取りで冷蔵庫へ足を伸ばす。
ゆっくり開けると、明かりに灯された缶酒が2本おいてあった。
「・・・これでいっか~・・・」
よく冷えた缶を手に取り、ソファに思いっきり腰掛ける。
プシッ、という炭酸の抜ける音が部屋中に広がった瞬間
ごくごくとソニックは飲み始めた。
「~ぷはぁ・・・」
ため息と共に、漏れる。

d3890854.jpeg











ソニックはあの夢の続きが気になって仕方なかった。
「とか言って・・・また寝て見れるわけねぇしなあ・・・」
仕方ないと思いながら、酒を飲み続けた。

~.~.~.~.~.~・~・~・~・~・~・~・~

「ん~・・・」
酒に酔い、ソファにだらしなく寝転がる。
ここで寝てしまいそうな勢いだったが、機械音が鳴る。
「あぁ~・・・うるせえ・・・」
重い体を操り、音が鳴る方へ歩く。
「hi?」
「起きていたか・・・少し用がある」
ドア越しに聞こえてくるのは、間違いなくシャドウの声だった。
こんな時間に用なんて、と思ったが部屋に上げた。
1人は寂しいから、だなんて口が滑っても言えないが。

「すまないな・・・こんな時間に」
「いいんだよっ、オレとオマエの仲だろ・・・?」
「・・・酒臭いな、飲んだのか?」
「ん、あまり飲んでないけどな~・・・」
どうりで口調があやふやなわけだ、とシャドウは解釈する。
床を見渡すと、無造作に投げ捨てられた空き缶が1本転がっていた。
「ったく、君は・・・」
ふぇ?とソニックらしくない返答が返ってきて思わず笑いそうになった。
が、そこはぐっと堪え、話をする。
「・・・ソニック、今日変な夢を見なかったか?」
「変な夢?」
「ああ、一緒に手を繋ぎながら走る夢だ」
「oh!それならオレも見たぜ?」
「!?本当か?」
「yes,誰か分からなかったけどっ!」
偶然にもほどがある。


cdeb844b.jpeg







1番最初に尋ねてきたソニックと同じ夢を見ただなんて。
シャドウは不信感を抱いていた。
酔っているソニックを見ると、さらにその気持ちは増すばかりだ。

しかしこれが本当なら、運命なのかもしれない。
しかしこれが嘘だったり、ソニックの悪ふざけだったら・・・
そんなことを考えると、妙に恥ずかしくなる。

「・・・!?シャドウ?」
自分でも意識しないまま、手を繋いでいた。
大きな手、暖かい体温。
その手は間違いなく、ソニックの手。

間違いない、あの夢で握った手だ。

それが偶然なのか
分からない。

けど気がついたら止まらなくて。

シャドウはそっと、ソニックの眉間に口付けていた。

fdc3fa2b.jpeg











「・・・」
「・・・嫌じゃないのか」
「嫌だ、だなんて言っても・・・」

止めないんだろー?

フッ、と笑いシャドウはソニックをソファに押し倒した。

~.~.~・~・~・~・~・~・~・~

「っ・・・熱いっ・・・」
「酒のせいだろ・・・」
じっくりと責めるシャドウの手は暖かく、ソニックを欲情させる。

ー今更なんだが、酒に酔ったソニックは
かなり感じやすくなるらしい。
証拠に少し触っただけで、息があがっている。

「感じやすくなってるな・・・もしかして誘っていたのか?」
「違っ・・・!あっ、は・・・」
否定しようとしたが、尻尾を愛撫されその言葉は
風に流され、消えていく。
「・・・君は・・・」

あの時、何を見たー?

答えが返ってこないまま、シャドウはソニックを抱く。
寂しがりやの子犬みたいに。

「シャドウ・・・っ・・・あっ、そこ・・・ダメだっ・・・!」
1本の指を孔に沈められ、前立腺を引っかかれる。
その度にソニックは、まるで自分の声じゃないみたいな
女々しい声を聞くはめになる。
それが恥ずかしくて仕方なくて、出来る限り聞かないようにする。
「・・・ソニック・・・」
その様子がたまらなくシャドウを煽って、かえって欲情させる。
「先走り・・・垂れてるぞ・・・?」
「やっ、い・・・言うなっ、あんっ・・・んう・・・」
そういうシャドウも、1つになりたくて先走りを床にこぼしている。
きっとこの事はソニックには見られていないだろうから
あえて内緒にしておく。
指を増やすたび、前立腺を引っかくたびに
嬌声を上げるソニック。

41ec86b5.jpeg









とうとう、シャドウの指を3本くわえ込むまで解れた。
「いいか・・・ソニック・・・」
「っは・・・シャドウ・・・シャドウ・・・」

僕をそんな声で呼ぶな。
止まらなくなってしまうから。

猛った雄茎をゆっくりとソニックの体内へ押し込んでいく。
多少の圧迫感はあったが、解したかいがあったのか
順調に中に入っていく。
その間、ずっと苦しそうな顔をしていたソニック。
そんなソニックを見ていられなくなったシャドウは
無意識のうちにソニックの手を握っていた。
「はっ・・・え・・・?シャドウ・・・?」
「少しは・・・安心出来るだろ
すまないな・・・君の体の負担のほうが大きいから」
僕にはこれぐらいしか出来ない」
「・・・へへっ、バカシャドウ・・・」
「減らず口も・・・どこまで持つかな・・・」
その言葉どおり、ソニックを上にのせ激しく腰を振った。
昇天どころではない、奥を突かれるたびに
目がチカチカするその強すぎる衝動は
ソニックを飲み込んでいく。
「はっ・・・あっ、く・・・あっ、シャドウ・・・!」
「っ・・・ソニック・・・」
激しく揺すっても、握った手は離さないで。
何があっても、その手は。
「っ・・・シャドウ・・・・気持ちいいっ・・・シャ・・・ドウ・・・!」
「・・・君はどこまで・・・僕をっ・・・!」
そのままソニックはシャドウのお腹を汚し、
シャドウはソニックの中で果てた。

f2fb960b.jpeg










~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

オレはある時、夢を見た。
シャドウとオレが一緒に走る夢。
その時のシャドウは一生分使ったか、というぐらい笑顔で。
青空の下を駆けていく。
きっとその道は永遠なんだって。

11e5de85.jpeg








その笑顔は、オレの一生の宝物になるんだ。
シャドウもそうだったらいいな。
オレの笑顔が、世界一の宝物。
~end~



☆あとがき

はい、というわけでビッグゲストしょっぱーさんが描いてくれました!
裏でこそこそいちゃいちゃしてたんですよ。w
いや雲泥の差だったんですが
快く受け入れてくれた方に感謝!

この場を借りて、もう1度言います。
しょっぱーさんありがとうございました!
大好きですっ><v

拍手[55回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
TRACKBACK

トラックバックURL

Copyright ©  -- 蒼黒白! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ